とらふぐ料理


昆布だしをはった鍋で、ふぐ・野菜を一緒に炊いて頂くてっちりは、秋から冬にかけて南知多の風物詩といえるもの。

てっちりの切り身は白身がもつ上品な味わいで、骨の周りに付く身は身放れがよく、かみ締めると旨味が染み出て「骨までしゃぶり尽くす旨さ」です。

ふぐで寄せる招き福で、年納め、一年の始まりにどうぞ。